なぜ不衛生になる

世間一般の人の包茎のイメージといえば、大体の人が「不潔」や「不衛生」、「臭い」というような意見が出ることでしょう。
ですが、包茎をこのような言葉で片付けられていますが、決して包茎のペニスはそういったものではないのです。

一言でいえば、清潔に保ってさえいれば包茎であろうが非包茎であろうが、「不潔」や「不衛生」ではないということです。
ですが、どうしてもこの「不潔」や「不衛生」、「臭い」というイメージを払拭することができないのも包茎の大きな特徴なのかもしれません。
そもそも包茎というのは、亀頭に包皮が被っている状態のことをいいます。
包皮の内側は、普段は露出していないので垢が溜まってしまい、その垢のことを恥垢と呼びます。
恥垢は老廃物が蓄積したもので、長期間放置してしまうと、発酵したようなにおいを発します。

一般的には、チーズのような臭いともいわれています。
尿道から近いこともあり、雑菌なども含まれており、炎症の原因となることもあります。
エイズなどのウィルスの温床になっているという指摘もされています。
こういった理由から、包茎の人は恥垢が溜まりやすい、そして包茎の人は「不潔」や「不衛生」といったことに繋がってくるのです。
要するに、包茎自体が汚いのではなく、この恥垢が汚いといえるのです。

この認識を変えるのはやはりどうしても難しいことでもあります。
包茎の気持ちは包茎の人にしかわかりえませんので、この認識を変えるためにはいつもきれいに清潔で保つということを心掛ければならないのです。



◎推奨外部リンク
「不潔」や「不衛生」、「臭い」というようなイメージを払拭する包茎手術が受けられる美容クリニックです ・・・ 包茎手術

Copyright © 2014 包茎は本当に不潔なのか All Rights Reserved.